actionは都度新規生成する必要がある

CCShow, CCHideなどの CCAction系クラスのインスタンスは、再利用すると動作がおかしくなります。
[CCShow action]などと、利用する都度新規生成しなくてはなりません。
(これに気付かず数時間を費やしてしまいました)

参考

以下がそのNGコードです。

id acShow = [CCShow action];
id acDelay = [CCDelayTime actionWithDuration:1.0];
id acHide = [CCHide action];
[sprite1 runAction:[CCSequence actions:adShow,acDelay,acHide,nil]];
[sprite2 runAction:[CCSequence actions:adShow,acDelay,acHide,nil]];

正しくは、actions内で都度生成する必要があります。

removeChildByTag で EXC_BAD_ACCESS が発生する

cocos2dにて、CCMenu を何度か追加・消去するプログラムを作成していたところ、
EXC_BAD_ACCESS が発生しました。

具体的には、CCMenuItem が3つ入った CCMenu を構築したあと、
メニューアイテム・メニュー全てを removeChildByTag できれいに削除しようとしました。

CCNode* menuanswers = [self getChildByTag:kTagAnswers];
[menuanswers removeChildByTag:kTagAnswer1 cleanup:YES];
[menuanswers removeChildByTag:kTagAnswer2 cleanup:YES];
[menuanswers removeChildByTag:kTagAnswer3 cleanup:YES];
[self removeChildByTag:kTagAnswers cleanup:YES];

最後の行で EXC_BAD_ACCESS が発生。
発生したのは、CCMenu -onExit にて以下の[selectedItem_ unselected]の部分。

- (void) onExit
{
	if(state_ == kCCMenuStateTrackingTouch)
	{
		[selectedItem_ unselected];
		state_ = kCCMenuStateWaiting;
		selectedItem_ = nil;
	}
	[super onExit];
}

CCMenu は、CCMenuItem が最後まで生きていることを前提にしているようなので、
CCMenu のみを削除することで対応しました。